シアンの私案を思案。

シアンが私案を思案して適当に発信するブログ。

ありふれた日常と、ありふれたくない日常の話。

忘れていたわけではないです。

連日忙しくて……、言い訳みたいに聞こえますが本当にいろいろありまして、ね?

 

 

9日

昼を過ぎ、駅前でケンタッキーをむさぼった後に、宮城野通沿いにあるハローワークへ。

失業保険の手続きをしてきました。

そこでわかものハローワークというところを薦められた。

うーん、雰囲気は悪くないのだけれど、

如何せん働くことが怖い。

また失敗するんじゃないかとか、結局また何もできないんじゃないかとか。

 

その後、青葉区役所に。宮城野区役所のほうが定期で行けたけれど、その後のことを考えるとこちらがいいと判断。

仙台駅の向こう側に戻るのも億劫なので、宮城野通駅から地下鉄で移動。

歩いて行ける距離ではあるけれど、時間が時間だったので(16時前)

ま、結局地下鉄仙台駅で乗り換えることになるんですけどね。

東西線南北線へと乗り換えて、勾当台公園駅。

ここでは国民保険の加入手続きをしてきました。

つい先日脱退したばかりだと思っていた国民保険。

再度加入するとはね。まあ仕方がない。

 

区役所から出るときに初めて庁舎間連絡通路を使いました。

意外と綺麗。

 

そして、友達のバイト終わりを待ち、一緒にご飯を。

前々からお互いに気になっていた京華小吃というところへ。

jinghua.sg

 

小龍包餃子をシェアし、メインにジャージャン麺をいただきました。

盛岡のじゃじゃ麺は食べたことあるけれど、どう違うか楽しみ。

 

ほんのちょっと辛いかな?と言う感じで、美味しかったです。

またいつか行きたい。

 

んでもって、あと数軒行って解散。

 

 

10日

起きたら15時だった。

とても天気が良い…

それなら、台風が来る前に、と食材を買い込みにスーパーへ。

あとCDの返却を。

 

肉を買った。味をつけて冷蔵しておけばいつでも(?)食べることができるだろうと思って。

今思えば缶詰をなぜ買わなかったのか……。

あとは家で録画した旅番組見たりしてごろごろしてました。

 

 

11日

今日もずっと暇で、1日満喫してました。

ゲームして、ご飯食べて、ゲームして、録画した旅番組見て……。

夜に、一応を思って近所のドラッグストアに水を買いに行くも流石に時既に御寿司遅しということか、水はなく。

お茶もあまり残っていませんでした。

爽健美茶の2Lを買ってきました。糖類入りよりは役に立つでしょう。

 

 

12日

1日中、NHKをつけていたような気がします。

だんだんと強くなる風雨、

不定期に響き渡るエリアメール、

エリアメールより心臓に悪いNHKの速報テロップ音、

一人暮らしなのもあり、とても心細かったです。

 

そんな中、直線的に歩いたら5分程の河川が氾濫危険水域を超過したとTwitterで確認しました。

一応、自分のいる部屋は4階なので大丈夫だとは思いますが、逃げられなくなったときのために、と避難を決意。

お茶と、着替えと、食べれる状態にしたご飯と肉(おかず用)を持ち、さあ避難。

場所は川と逆方向の小学校。

アパートの入り口を出るなり、風雨が叩きつける。

家のすぐ前はハザードマップの通り冠水しておらず、歩きやすかった。

しかし、小学校のすぐ横はハザードマップの通り冠水していて、非常に苦労した。

くるぶしより下の水位だったため、まだ良かったが、仮にこれがもっと高さがあったらきっと流されていただろうと思う。

実家から海は遠く、また用水路は近いものの昨今の区画整理でだいぶ低いところを流れるようになったため、あまり水害の影響は無いと思い込んでいたため、このようなことは経験したことがなかった。

一応、ゴミ袋の一部を破き、合羽のようにして行った。

特にもリュックにはモバイルバッテリーなどがあることから、個別にゴミ袋をかけ、口を縛って防水性を高めて背負った。

 

小学校に避難すると、既に人はいた。

子供の世話をする人、スマホを見ている人、寝ている人、様々だった。

体育館のステージ前ではNHKのニュースがつけられており、その周りには椅子があった。

ストーブもつけられていたし、毛布も配られてた。

 

良くも悪くも、テレビで見た避難所の光景がそのまま眼前に広がっていた。

 

 

雨は体育館の構造と当たる表面積の関係か良く響き、うるさいと感じるほどだった。

何度も体育館で集合をしたときに雨音は聞いていたはずだが、それとは比にならない。

 

俺は眠れなくて、4時頃までずっとテレビを見ていた。

アナウンサーは繰り返し首都圏、東海、東北の中継映像を解説を交えながら説明し、命を優先するように説得する。

L字テロップや画面上バナーには、延々と運行情報や停電情報が流れる。

時折耳障りな音が鳴り、警報について知らせが入る。

なんだか、現実ではないみたいだった。

 

さすがに4時を迎えると眠気も限界で、俺は荷物のあるところに戻って寝た。

当初、敷物のあるところにいたが、眠れなくてウロウロする時に他の人に申し訳ない気持ちがあると言ったら、椅子を別途用意してくださった。

後ろのほうに椅子を置いて、他の人を見る。

一人じゃないと安心できた。

けど、寝るときに敷物がないのはわりと苦痛だった。

体育館の床に、雑魚寝。経験したことのないものだった。

……まあ、少し寝たが。

 

 

13日

 

6時を過ぎ、人々は起きてきた。

テレビは朝を向かえ、被害の全容が明らかになった地域を映していく。

長野では千曲川が氾濫し、新幹線の車両基地が浸水したらしい。

利府の車両基地は大丈夫だったのだろうか。

 

帰る前に、ホワイトボードに人数の経過があったから撮ってみた。

結構多くの方が避難していたらしい。

市職員の方々やボランティアの方々には頭が上がらない。

そういえば、教員をしているフォロワーも、職場を避難所として開放したと言っていた。

 

6時半になり、避難所の方が非常食?を配り始めた。

ありがたくいただき、それをリュックに詰めた後に俺は帰宅した。

昨晩、あれだけ水に溢れていた小学校の横の道もすっかり水が無く、少し木の葉を散らした程度になっていた。

アパートの入り口にあったマリーゴールドの小さな小さな花壇は、多少荒れた程度だった。

 

約9時間ぶりに家に入る。

雨漏りなども無く、ガラスも割れていない。

ここで一人で寝ても、特に問題は無かったと思う。

けど、避難所に行ったのは無駄じゃなかった。

一人じゃないと思えたし。

 

荷物を整理し、家族に無事だったことを連絡し、

Twitterで近所がどんな状態だったかを知りたくて、駅名で検索。

どうやら最寄りの駅前は冠水していたらしい。

弟が見せてくれたハザードマップそのままに、冠水していた。

仙台で安全で、交通の便が良くて、買い物にも困らない土地はどこにあるのだろうか。

やはり、街中か?

 

その後寝て起きたが、まだ寝たり無かったのか、

15時過ぎから18時まで再び寝ていた。

 

そして、今に至る。

せっかくの台風一過だが電車も動かずどこにも出かけられないから仕方ない。

 

 

自然災害はどうしようもないけれど、

できれば二度と遭いたくないと思った。

もし、遭うとわかったときには、早め早めに準備をしておきたい。

 

 

また眠くなってきたので寝る。