みずいろのアレ

シアンが日記/鉄道/ゲームについてのんびり書くブログ。

小さな旅ホリデーパスで行く南東北の旅 前編

 

昨日、10月中までは平日も使えるという小さな旅ホリデーパスを使って

福島県郡山市までぶらっと一人旅をしてきました。

jr-sendai.com

 

理由としては、

・仕事もしていない(来月から職業訓練に行こうとしている)ため、外に出歩くことがかなり少なくなり、ますます暗い性格になっていった

・外に出ても仙台駅付近は見慣れた光景なので、たまには全く違う景色を見に行きたかった

といったところです。

 

 

今回は 東仙台駅から郡山駅までです。

では、その写真をどうぞ。

 

※もちろん三密は避けました。通勤時間にブチ当たった2本の電車を除けば。

 

 

1.  東仙台~仙台

f:id:cyan_creampuff:20201023095558j:plain

午前7時20分。

東仙台駅みどりの窓口小さな旅ホリデーパスを購入しました。

家から、東北本線東仙台駅仙石線小鶴新田駅はほぼ同距離のため、定期券が無いときに限り必要に応じて使い分けています。ハローワークのような東口に用事がある場合には仙石線、LOFTやイービーンズ等西口に行く場合には東北本線、というような。

今回は南下するので、東北本線を利用しました。

それに朝の仙石線は押しつぶされるほどの混雑が見込まれるので。

第一走者 東北本線上り 岩沼行き

f:id:cyan_creampuff:20201023100406j:plain

一ノ関駅から仙台方向への最初の電車ですね。岩沼まで何も言わぬままで各駅に停車します。これで仙台駅へ向かいます。終点岩沼まで行かないのは、仙台駅始発の電車に乗ったほうが最初から座って移動できると思ったから。

車内は朝8時代の仙石線よりマシとはいえ、混雑していました。押し合い潰し合いではないものの、身動きが取れないような状態。それでも一駅だから我慢。

途中、写真は無いものの仙台車両センターE657系がいるのが見えました。10時13分仙台発品川行きのひたち14号となるのでしょう。

 

2. 仙台~福島

仙台駅に到着。上下線とも汎用性の高い4番線でした。

この電車はそのまま岩沼まで行くことから、留まる人もそれなりにいたようです。

次の電車はお隣5番線から。とはいえ島が異なるので移動します。

 

 

阿武隈急行線 AB900系に遭遇

5,6番線ホームで待っていると、乗車電より先に隣の6番線ホームに電車の到着がありました。

それは。

f:id:cyan_creampuff:20201023101424j:plain

阿武隈急行線直通のAB900系でした。昨年デビューしたばかりの新車です。

内装はほぼE721系を踏襲したもの。現在はこの青のAB-1と緑のAB-2のみが走っています。残り8本製造されるらしいですが、どのような色合いになるのでしょうか。そして、公式Twitterでもホームページでもいいので全ての車両を一列に並べた写真が見てみたいです。

 

側面はこういう感じ。

f:id:cyan_creampuff:20201023101922j:plain

Aと描かれている以外はほぼステンレスがよくわかる。アルミホイル巻いて走っているかのような光沢。まぶしい。

 

 第二走者 東北本線 上り 仙台~福島

f:id:cyan_creampuff:20201023102148j:plain

左が先ほどまで乗っていた岩沼行き。右がこれから乗る福島行き。

どうしてオールロングシートなんだよ!!!!!

(詰め込みが利くからだそうです)

 

……と思ったら、6両のうち前2両が701系、後ろ4両はE721系だったので、そちらに乗り、左側の車窓を眺めることにします。オールロングシートに乗るのは帰郷したときだけでいい。

 

仙台駅を発車

f:id:cyan_creampuff:20201023102623j:plain

座れませんでした。悲しみの背面展望。どこまで混むかは未知数です。

制服を来た子も多いけれど、それよりスーツを来たサラリーマンがちらほらいるのが目立ちます。福島へと出勤途中なのでしょうか。それとも、名取で乗り換えて空を飛ぶのでしょうか。

まあ、仙台駅の屋上には千台の駐車場がありますから、パークアンドライドがしやすいのでしょう。

 

 

f:id:cyan_creampuff:20201023103034j:plain

長町駅北側の貨物線との分岐地点。

今いる仙台~名取間は仙台周辺で一番の過密運転区間なので、朝も昼も夜も数分待てば電車が来るほど(仙台としては)乗りやすい区間です。特に長町駅は地下鉄もあるため、交通の便がいいことやロードサイド型の大型店もできていることから最近マンションの建立が多いこと多いこと。昔の駅前と比べてみたい。

 

f:id:cyan_creampuff:20201023103911j:plain

岩沼駅にて。発車標のドットってこんなに小さいんですね。まさかあのスペースに、阿武隈急行と入るなんて。恐るべしドット職人。その下の両の字がつぶれている事にすら気づかなかった。

 

f:id:cyan_creampuff:20201023103344j:plain

岩沼駅を出ました。まだ座れません。高校生が増えてきました。

この先の高校と言えば大河原や白石ですが……大河原駅8時20分着で高校まで間に合うのでしょうか。間に合うから乗っているのでしょうけれど。それとも、まさか、揃いも揃って遅刻?

 

f:id:cyan_creampuff:20201023104441j:plain

槻木(つきのき)駅を出ました。阿武隈急行との分岐駅です。

この構図だけを見ると、なんだか今走っている線路が阿武隈急行の角田・丸森方面に分岐して行くようにも見えますね。実際は貨物列車との間の線路が東北本線の上り線をオーバークロスして行きます。

 

途中、大河原(おおがわら)駅にて高校生が降りていき、やっと座ることができました。

それにしても車掌さんの言う大河原おおまわらーにしか聞こえてこないのは大回り実況の見すぎですかね。

 

宮城県から福島県へと

f:id:cyan_creampuff:20201023104909j:plain

ここは越河(こすごう)。宮城県内の東北本線としては最も南側に位置する駅です。

このショボそうな駅でもSuica仙台エリアなので簡易Suica改札機が設置されていますね。

 

f:id:cyan_creampuff:20201023110626j:plain

その隣の貝田駅。先ほどの越河駅と貝田駅は、それぞれ始発/終点になることもある白石駅・藤田駅に囲まれているため他の駅に比べて本数が少し減ります。それくらいの利用者数で足りるんでしょうね。

 

f:id:cyan_creampuff:20201023110852j:plain

国見町の車窓から。この辺は結構高い位置を走るんですね。もう少し天気が良ければ最高ですが……この天気も悪くはないですね。この辺りは高速道路も併走しているため、高速道路からも似たような風景が見られたはずです。

 

f:id:cyan_creampuff:20201023111037j:plain

寝てしまった稲。稲刈りをしないまま、悪天候に晒されるとこうなります。こうなるとコンバインで刈るのも一苦労。稲刈りを手作業で行なうって、一番効率悪いけれどどんな状態の稲にも使える万能なんですよね。

 

f:id:cyan_creampuff:20201023111216j:plain

藤田駅まで来ました。

仙台駅6時ちょうど発の郡山行きから特急・新幹線を使わずに東京駅へ行こうとすると、この駅で後続の新白河行きに乗れと案内されることがあります。

始発だから確実に座れるのは良いけれど、仙台駅から1時間という寝るにはちょうど良いタイミングなこと、バカ停長時間停車するわけでもないのですぐ降りる必要があること、駅周辺にコンビニも無いことから個人的には福島駅か郡山駅で乗り換えたほうが良いような気がしますね……。

 

f:id:cyan_creampuff:20201023111931j:plain

たぶん桑折駅。流し撮りみたいになっているけれど流れて行っているのは電車に乗っている自分。もはや流され撮り。

こういう名所案内は日本各地にあるのでしょうか。地元水沢駅や、高校時代に通った前沢駅にもあったような気がします。

 

f:id:cyan_creampuff:20201023112306j:plain

おそらく東北中央自動車道の高架橋。仙台北部道路のような高所を走るんですね。

東北中央自動車道福島県相馬市から福島市付近、山形県米沢市付近、山形市付近、新庄市付近を経由して秋田県横手市付近へと至る計画の高速道路。3年ほど前に開通した福島米沢間の栗子トンネルはこれの経路だそうで。

 

福島駅にて

車窓左側から阿武隈急行福島交通飯坂線が合流してきて、美術館図書館前駅と曾根田駅を過ぎると福島駅に到着です。

f:id:cyan_creampuff:20201023113213j:plain

 

福島駅で最初に撮影したのは↑ではなく↓でした。理由は降りた場所にあったから。

f:id:cyan_creampuff:20201023113247j:plain

 

福島駅では、仙台駅からの6両のうち、先頭2両(701系2両)を切り離し、E721系4両が郡山行きになりました。何だこの化け物。

 

それでも停車時間が30分ほどあったので、その間にいろいろなものを撮影して来ました。

f:id:cyan_creampuff:20201023113607j:plain

1番線から阿武隈急行線・飯坂線への乗り場へ。

東口改札を出て、外から乗り場に行くという方法もあります。

 

f:id:cyan_creampuff:20201023113932j:plain

朝ドラの「エール」は福島県が舞台なんでしたっけ。

主題歌のGReeeeN福島市というより郡山市のイメージですが……。そこは気にしたら負け、ですかね。

 

f:id:cyan_creampuff:20201023114121j:plain

f:id:cyan_creampuff:20201023114127j:plain

f:id:cyan_creampuff:20201023114134j:plain

東口にある3つの福島駅。西にも東にもデデンと1つだけある仙台駅より駅アピールが強い。

特に2枚目についてはその柱の影にはすぐ改札があるのだから駅では無い建物の富み間違うことはないんじゃ……。

 

f:id:cyan_creampuff:20201023114357j:plain

いつまで200系のピクトグラム使うんだろう。あと11~14の雑コラ感すごいですね。

 

f:id:cyan_creampuff:20201023114531j:plain

f:id:cyan_creampuff:20201023114538j:plain

f:id:cyan_creampuff:20201023114544j:plain

f:id:cyan_creampuff:20201023114549j:plain

阿武隈急行線を見つめてみる。

台風の被害から1年。あと1週間と少しで全線での運転が再開されます。

そのときは、いつか仙台から福島まで、またはその逆を乗り通してみたいですね。

槻木乗り換えでもいいので。

 

f:id:cyan_creampuff:20201023115110j:plain

山形線ホームには、とれいゆの看板が。

とれいゆにも乗ってみたいですね。新幹線の中で足湯とか、贅沢でしょ。

 

3. 福島~郡山

福島駅を出発

前述の通り、福島行き6両のうち4両に切り離されて電車は福島駅を出発。

福島駅でも、その隣の南福島駅でも、20歳前後ほどの若い人が多く乗ってきました。みんなして郡山に遊びに行くのかな、と思っていましたが、全員が全員その次の金谷川駅でその全員が降りていきました。この辺に何かあったかな、と地図を開くとそこには福島大学の文字が。

なるほど、この人たちは皆学生さんだったのですね。

国立大学としてはなかなかアクセスが不便なところにあるなあというのが率直な感想。

 

 

で、これは何なんですかね。

f:id:cyan_creampuff:20201023120659j:plain

金谷川駅前にたんぽぽという食堂があるようなので、その関係でしょうか。

 

電車は順調に南へ

f:id:cyan_creampuff:20201023121025j:plain

松川駅です。

この写真を撮り、電車が動き出した後にあわてて駅構内に走ってきた人がいたんですよ。おそらくこの電車に乗りたかったんでしょうね。その人はホームの外に行きましたが、この後どうするのでしょうかね。その人が諦めたのか、バスで行くのか、待つかは俺にはわかりません。

 

f:id:cyan_creampuff:20201023121030j:plain

二本松駅です。

気になって調べると、

一本松駅は埼玉県の東武越生線、福岡県の日田彦山線岩手県大船渡線に奇跡の一本松駅に、

三本松駅香川県高徳線奈良県近鉄大阪線に、

四本松駅、五本松駅は無くて、

六本松駅は福岡県の地下鉄七隈線に、

七本松駅は無くて、

八本松駅は広島の山陽本線に、

九本松駅、十本松駅は無い。

また、北海道に2つ、兵庫県に1つ一本松駅(廃駅)がある。

とのことです。(Wikipedia調べ)

岩手県北・青森県南に広がるn戸(n>0)といい勝負かもしれない。

※一戸、二戸、三戸、七戸十和田、八戸が現存。五戸、七戸は廃駅。

 

 

f:id:cyan_creampuff:20201023121036j:plain

富谷(とみや)は宮城、本宮(もとみや)は福島。似てますね。

まあ似ている地名と言えばで言った越河(こすごう)の(高速道路上だが)に菅生(すごう)というものがあったり、盛岡市には大宮が本宮に内包されていたりしていますがね。どれもややこしいなあ。

 

f:id:cyan_creampuff:20201023122939j:plain

……朝顔ってまだ咲くの?

 

 

郡山駅に到着

東側にそれはそれは大きなラウンドワンが見えてくると、郡山駅に到着の合図。

f:id:cyan_creampuff:20201023123030j:plain

 

郡山駅に着いて最初に撮った写真は、なぜか改札へ向かう案内板でした。

f:id:cyan_creampuff:20201023123237j:plain

仙台駅だと、(S-PALⅡを除き)改札の南側にS-PALがあるから、北側にあるのはちょっとした違和感があります。だけれども、それが尚更いつもと別なところにいるという感じを出すから、高揚しますね。

 

駅内で撮影タイム

f:id:cyan_creampuff:20201023123631j:plain

今年のダイヤ改正から始まった磐越西線の指定席サービス。その運用に着いている車両に出くわしました。

E721系1000番台よりも鮮やかなピンクと桜の装飾。そして指定席の文字。

……あまり乗っている人は見受けられなかったけれど。

 

その列車なぜか後ろにだけヘッドマークをつけていました。

ってそれは最早テールマーク?

f:id:cyan_creampuff:20201023123645j:plain

f:id:cyan_creampuff:20201023123650j:plain

快速あいづ。485系の時代に乗ってみたかったな。

2014年10月に友人の大学祭へと会津若松に行っているのになんで乗らなかったんだろう。惜しいことをした気がします。

 

なんとなく水郡線ホームへ。

f:id:cyan_creampuff:20201023123639j:plain

……追いやられている?

 

f:id:cyan_creampuff:20201023123659j:plain

まるで米坂線米沢駅のような追いやり方。仙台支社は他支社(特に新潟・盛岡)に優しくないの?

新庄の奥羽本線や仙台の常磐線はいい感じなのに……。どうしてこうなった。

それとも国鉄時代の管理下の影響?

 

水郡ホーム

f:id:cyan_creampuff:20201023123708j:plain

もはや独立した駅と言っても過言ではないような佇まい。

水郡線も、全線再開されたら乗ってみたいですね。仙台から郡山、水戸、そして常磐線を経由して再び仙台に戻る。ロマンありませんか?

 

 

地下通路

f:id:cyan_creampuff:20201023123713j:plain

郡山駅は仙台駅と同じように改札内通路として跨線橋の他に地下通路があります。

仙台駅のよりも狭いからか、なんとも言えないダンジョンのようなつくりのようだと感じました

北上駅のような……でもあれはエスカレーターついているけれど。

 

 

 

前編はここまで。

後編では郡山駅周辺を行ったりきたりして、帰るところまで。

 

鉄道系の撮影した写真等はここに保存しているので良ければ見てくださいな。

ブログに載せられなかった写真もありますよ。

photos.app.goo.gl

※ネタバレ注意

 

 

 

ではっ。